結論から言うと、投資において「次で取り返すこと」はできません。
そういった場合は、損失が積み重なっていて、「次」で大きく取り戻そうと考えているケースがほとんどです。
そうなると、いつもより大きな資金、大きなレバレッジでハイリスクの取引をしようとする場合が多いと考えられます。
なぜなら、負けを取り戻そうと頭に血が上り、熱くなっているから。
そして、正確な判断ができなくなっているからです。
人間、損失が続けば熱くなるのは当然です。
ですが、そこで自分を見失うことは、さらなる負けを誘発することに他なりません。
負けているからこそ、いつも通りの投資をすることが大切なのです。

そのために必要なことは、意識を変えることです。
その方法として簡単なものには、あらかじめ自分に「投資での縛り」を定めるということにあります。
1日の投資金額であったり、1日の取引回数であったり、損失を確定する水準であったり、そういったものを決めておけば、それ以上の損失が出ることは防げますし、「次で、次で」というループに水を差して、一度頭を冷やすことができます。

ただ、その縛りを超えて利益を得られるチャンスがあるかもしれません。
ですが、資金の少ない初心者が最優先で防ぐべきことは「大きな損失を出す」ことですから、まずは負けを重ねても崩れないスタンスを確立することが大切だと覚えておいてください。

よく似たページ: