これは鉄則中の鉄則、禁忌の中の禁忌でもありますが、「よく知らない通貨ペアに手を出す」ということは決して行ってはなりません。
背景も分からない、関係も分からない、そんな通貨ペアのポジションを持つことは、もはやギャンブル以下のレベルです。
投資と言うのは、投資先のことをしっかりと調査し、納得の上で投資を行うべきものです。
そうでなければ利益が出た理由も、損失が出た理由も分からないまま、取引を続けることになります。
調査、分析、投資、そして再分析を繰り返すことで、その人の投資に関する知識や経験が蓄積され、さらに確実性や利益性の高い取引ができるようになるのです。
よく知らない通貨ペアに手を出すということは、その機会を失っていることになります。
新しい通貨ペアに手を出そうと考えるときは、慎重にかつ念入りな調査の上で実行すべきです。

また、あまりにも多くの通貨ペアに手を出すと、資金の余力が制限されてしまうことにもつながります。
せっかく利益が得られるチャンスが来たときに、全ての余力を色々な通貨ペアに手出ししていると、そのチャンスを失ってしまうかもしれないのです。
色々な通貨ペアに投資をするということは、一見、リスク分散のように見えますが、実は利益を得られる機会を失っているだけにすぎないと覚えておきましょう。
ですから、まずは1種類、よく研究した通貨ペアから投資を始めるべきです。

よく似たページ: