「塩漬け」とは、FXに限らず、多くの投資で使われている言葉です。
その意味は、塩漬けという言葉の意味通り、取引において評価損(マイナス)が発生した場合、損失を確定せずに放置しておき、利益(プラス)になるまで待つという方法のことを指します。

この塩漬けという手法、株式投資においては必ずしも禁忌とされず、戦略的に用いられることもあります。
塩漬けによって、購入した銘柄が利益を生むというケースは珍しくないのです。
ですが、FXにおいて塩漬けは、決して行ってはならない方法と考えられます。
それは「レバレッジ」を用いているという点にあります。
FXでは、証拠金を元手にしてレバレッジをかけ、何倍もの金額を投資することができます。
このレバレッジによって増えた投資額は「見せかけ」の金額に過ぎません。
あなたが実際に持っている資産ではないのです。
ですから、手持ちから何倍、何十倍の金額で投資した損を放置して、さらに評価損が膨らんだ場合、さらに何十倍ものマイナスになり、取り返しがつかなくなることは簡単に想像できます。

例えば、株式投資で100万円の投資を行い、50万円の損失が出たとします。
評価損は100万円-50万円で50万円です。
この場合、まだ50万円は耐える(塩漬け)ことができます。

これに対し、10万円の証拠金に10倍のレバレッジをかけて100万円の投資を行い、50万円損失が出ると、評価損は証拠金の10万円-50万円で、-40万円の評価損になるというわけです。
こうしたマイナスを防ぐために、自動ロスカットが働く場合がほとんどですが、再び投資をする余力はゼロになってしまうはずです。
「いつかプラスに転じる筈」と考えた上での根拠なき塩漬けは、FXでは厳禁です。

よく似たページ: