FXの持つ第一の魅力は証拠金とレバレッジですが、もうひとつのメリットについても知っておくべきです。
それが、通貨間の金利差を指す「スワップ金利」です。
金利差というと難しいのですが、要するに利息です。
ただ、FXでは2つの通貨を取引するので、その2つの通貨の利息を考える必要があるわけです。

例えば円でドルを買ったとします。
今持っているのは、ドルです。
仮に10万ドルとしましょう。
この10万ドルを買った状態のまま翌日に持ち越すと、1日ぶんの利息を得ることができるのです。
しかし、FXの場合、その10万ドルを買った円は、取引会社から借りていることになっています。
ですから、その借りた円についての利息を、1日持ち越したら1日ぶん支払うわけです。
すると、買った通貨の利息と、借りた通貨の利息の差が発生します。
この利息の差が、スワップ金利ということです。
上記の例では、ドルの金利が円よりも高いためにスワップ金利を受け取ることができていますが、もし円よりも金利が低い通貨の場合、利息を毎日支払わなければなりません。
この点には注意が必要です。

もし、あなたがスワップ金利で利益を得たいのであれば、円よりも高金利の通貨を選ぶべきです。
スワップ金利の大きな通貨の代表はポンドがあり、金利差にもよりますが、1万ポンド(1万通貨)を1日所持していると200円前後になることもあります。
もし1年所持していれば、7~8万円になりますので、大きな利益だとは思いますが、スワップ金利で利益を得るためには、リスクもあることを忘れてはなりません。

そのリスクとは「レバレッジ」と「金利差の変動」の2点です。
まずレバレッジですが、通貨が激しい値動きをした場合、高いレバレッジでその通貨を持っていると、証拠金が不足して、取引がストップする可能性があります。
高い金利を持つ通貨の多くは、値動きが大きいことから、決して珍しい話ではありません。
低いレバレッジ、つまりある程度多額の資金を用意しておかなければ、高い金利差による利益の恩恵を受け続けることはできないということです。
そして、金利差の変動によるリスクですが、金利水準は変わる可能性があります。
金利差が逆転すれば、マイナスのスワップポイントを支払わなくてはなりません。
そのためには、長期的な視野で分析を行うための知識や経験が必要になってくるのです。
長期で所有することで利益が得られるスワップポイントですが、利益を得るためには、しっかりとした準備やリスク対策が求められることを覚えておきましょう。

よく似たページ: