FXの魅力のひとつに「少ない資金で利益を出せる」という点があります。
では、どうして利益を出すことが出来るのでしょうか。
その理由のひとつに、「レバレッジ」と言う、投資する資金を証拠金として行う取引形態にあります。
例えば1万円の資金を証拠金にして、10倍のレバレッジをかけると、10万円までの取引ができるようになるわけです。

例を挙げて考えてみましょう。
1ドル=100円の時に、1万ドル(1万通貨)を買ってみます。
ここで支払う金額は100万円ですから、株式投資などであれば、それだけの元手がなければいけません。
しかし、FXの場合、レバレッジを10倍にすれば、元手はなんとその1/10、10万円しか必要としないのです。
もし、上記の例でドルを買った後、1ドル=101円になったとします。
すると、先ほど買った1万ドルは、101万円の価値を持つことになるのです。
この状態でドルを全て売ると、101-100=1万円の利益となるわけです。

株式投資の利益と比べると、案外少ないかもしれませんが、株式投資の場合は元手が必要になります。
まず、投資金額の100万円を、即金で用意出来ない人の方が多いと思います。
ですが、その1/10ならなんとか…という人は、意外といるのではないでしょうか。
このように、FXでは、レバレッジという特徴を生かすことによって、少ない元手から利益を得ることが出来るようになっている、というわけです。

もうひとつの理由として、「買い」と「売り」のどちらでも気軽に選択できるという点も大きな特徴です。
・買い…買いとして持った通貨の価値が上がれば利益を得られる。
・売り…売りとして持った通貨の価値が下がれば利益を得られる。
要するに、通貨の価値が上がろうと下がろうと、それに応じた取引を選べば、利益を得ることができるのです。
これも例を挙げて解説しましょう。
1ドル=100円の時に、1万ドル(1万通貨)を売り買いします。
・100円で買いの取引をして(買いのポジションを持つ)、1ドル=101円になった時に売れば、1万円の利益
・100円で売りの取引をして(売りのポジションを持つ)、1ドル=99円になった時に買えば、1万円の利益というわけです。

ただ、1ドル=7
100円の時に1万ドル(1万通貨)、10倍のレバレッジなら100,000円で済むとは言え、これでもまだ大きなお金だと考える人は多いと思います。
そこで登場したのが、「1,000通貨単位」という、低額で行うことのできる取引です。
上記の条件であれば、10,000円から取引ができますので、ちょっとしたお小遣いから投資を始めることができます。
もちろん、1万通貨の1/10になったために利益も1/10になってしまいますが、投資を楽しみつつ、コツコツ利益を得られるという点では良いのではないかと考えられます。
小さな利益でも、少しずつ積み重ねれば大きな利益にすることができます。
小さな元手で大きな利益、これがFXの醍醐味であると言えるのです。

よく似たページ: