スローストキャスティクスとは、ひとことで言ってしまうと「逆張り」です。
オシレーター系のテクニカル分析のひとつであるスローストキャスティクスは、他に察知・反応速度の高い「ファーストストキャスティクス」というものがありますが、相場は「だまし」の動きがあり、これに弱いのが欠点です。
そこで、反応速度は低いものの、だましに強いスローストキャスティクスが逆張りとして用いられるわけです。

スローストキャスティクスで着目するのは「過去の最高値」です。
逆張りですから、過去の最高値に近づけば、そこから値が下がる可能性が高いということを、統計的に分析し、判断の材料として使うわけです。
過去●日間の最高値が100%、最安値を0%として考え、85%以上は高値・15%以下は安値と判断することになります。

しかし、この分析は、あくまでも高値や安値の「圏内にいる」というだけですから、それ以上・それ以下にならないという意味ではありません。
でから、スローストキャスティクスを単独で売買の判断材料にすることは危険です。
ただし、この「圏内」を超えるということは、大きなトレンドにつながる可能性があるということでもあります。
ですから、MACDと共に使う、補助的なものだと考えるべきでしょう。

よく似たページ: