FXにおいて、ファンダメンタル分析の対極にある分析手法、それがテクニカル分析です。
テクニカル分析の基本は、過去の値動きをチャートで表現し、そのチャートによって将来を予測するのです。
その予測方法には様々な種類がありますが、いずれも共通していることは、「値動きはあらゆる影響を織り込んでいるものだ」「値動きは相場の流れを作るものだ」「歴史は繰り返すものだ」という点にあります。
要するに、為替の取引を人間の行動になぞらえて、過去に似たような取引、つまり値動きがあれば、市場の動向は過去にあったものに近い動きになると考えるわけです。

テクニカル分析におけるメリットは、経済情報や社会的な知識、そういったものをウォッチングする必要がないという点にあります。
FX市場は、原則としてオープンな情報、つまり経済統計や世界的なニュースによってその動向が決まる取引です。
ある意味公正な取引とは言えますが、その情報全てを確認し、判断するには多くのエネルギーと時間が必要になります。
しかし、テクニカル分析は、過去の情報さえあれば、将来を予測することができますから、個人の分析力を磨くことで利益を得ることができるわけです。

ただ、テクニカル分析と言えども万能ではありません。
歴史は繰り返すと言っても、昔の常識が当てはまらなかったり、突発的な状況に対応できないこともありますので、そのつもりでテクニカル分析を利用することが大切です。

よく似たページ: