FXの代表的な分析手法のひとつが「ファンダメンタル分析」です。
この分析手法は、「通貨の需給に関わる要素が持つ状況を把握、変化を予測する」というものです。
為替レートというものは、それぞれの通貨の需給によって変化するものです。
その需給は、貿易や投資、そして旅行など様々な要素が関わってくるわけです。
そうした要素から、今後の通貨の需給を予想するというのがファンダメンタル分析の根幹にあるものです。

例えば、日本から海外に旅行に出る人が多ければ、外貨が必要になる、つまり円売り・外貨買いが進むというように考える、と言った具合です。
これを世界の情勢にも当てはめて、為替に影響を与える様々な情報を集め、分析していくわけです。

ファンダメンタル分析を採用するメリットは、一般教養としての経済知識を投資に活用できるという点にあります。
株式投資の場合、銘柄に関する情勢を分析するには、専門的な知識を必要とすることがあります。
しかし、FXの場合、世界全体の経済状況から相場が動きますので、新聞やニュースに掲載されるような知識で投資を行うことができるのです。

具体的な分析方法としては、為替相場に直接影響を与える経済指標・景気・金利などに加え、事件や政治変化、要人発言を分析し、変化を見極めていくことになります。
ただ、欠点もあり、どんなにタイムリーな情報を入手できたとしても、短期的な動きからあらゆる判断を的確に行うことができないこともあります。
日中における短期の上下動は、ファンダメンタル分析では判断できないケースもあるのです。

そうした情報の入手源は、新聞やテレビ、そしてメインとなるのはインターネットです。
かつて新聞やテレビしか情報源がなかった時代、個人投資家は情報入手に大きなタイムラグがありました
しかし、インターネットが普及し、ロイターなどのサイトでリアルタイムに情報入手ができるようになったため、プロの投資家と比較しても大きなタイムラグはなくなってきています。

さて、ファンダメンタル分析を行う上で、まず押さえておきたいのは各国の経済指標です。
簡単に言えば、どれくらい景気が上向きにあるかを示したもので、以下の数値を指します。

  • GDP(国内総生産)
  • 生産指数
  • 物価指数
  • 失業率
  • 株価指数
  • 財政収支(赤字か黒字)
  • 経常収支(赤字か黒字)

こうした経済指標が、当初の予想よりも良かった(高かった)場合、その国の通貨の価値は上向きになります。
「経済状況の良い国だから、通貨も安全だ」ということで、通貨が買われて価値が上向くのです。
この経済指標、発表されるのは月の初めが多いのですが、月初は重要な経済指標が集中しますので、注意が必要になります。
特に全世界の通貨に影響される「米雇用統計」は、他国の通貨にも影響を及ぼす非常に注目度の高い指標です。
第一週めの金曜日に発表されるこの指標は、大きな値動きのきっかけになりますので、まずこうした数値から注目して取引を行っていくことをお勧めします。

よく似たページ: