最近注目を集めているテクニカル分析のひとつに「一目均衡表」と呼ばれるものが挙げられます。
この手法は、日本人である細田氏によって、「時間」というものに着目して作られた手法です。
一目均衡表の基本は、変化の起きる時期(時間)を推測することにあります。
市場の変化は、売りと買いのバランス(均衡)が崩れた方に動くと考え、このバランスを把握できるようにするのが大きな特徴です。
チャートと言うのは非常に複雑かつ煩雑ですから、一目均衡表においてはその中にいくつかの補助線を示します。
そして、その補助線と売買の価格を比較することで、価格と時間を軸としたバランスを見極めるわけです。

その補助線は、「転換線、基準線」といった直近における売買価格帯の水準、「遅行スパン」と呼ばれる過去と比較しての価格、「先行スパン、雲」といった未来の購入価格が挙げられます。
基準線が相場の方向性を示し、もし転換線とクロスした場合、そこが相場における大きな動きのきっかけになると読みます。

さらに先行スパンには、1と2の線があり、その間にできる部分を雲と呼びます。
この雲が価格の下限値(支持)や上限値(抵抗)を意味しているのです。
まさに雲が覆いかぶさったり、支えてくれたりするということを意味しているわけです。
要するに、価格が雲の上にあると上昇トレンド、雲の下にあると下降トレンドになるということになります。

よく似たページ: