テクニカル分析は、大きく分けて2種類の分析方法・テクニカルツールが存在します。
それは、平均移動線・一目均衡表・MACD・ボリンジャーバンドなどに代表される「トレンド系」と、RSI・スローストキャスティクスなどに代表される「オシレーター系」です。

トレンド系の特徴は、市場におけるだいたいの流れを見極めるというもので、長期の売買に向いているという点です。
FX相場は細かい上下動を繰り返し、大きな上昇もしくは下降の方向に進んでいくものです。
ですから、細かい上下動だけでは、大局の流れを判断することは困難です。
そこで、値動きを標準化するなどの方法で、大きな方向性を予想するのがトレンド系なのです。

これに対しオシレーター系というのは、そのトレンドの強さ・過熱具合を察知し、次の動きを判断するというもので、短期の売買に向いています。
FX市場というのはトレンドに沿って投資することが基本ですが、そのトレンドにも必ず変化が訪れます。
この変化の予兆を察知するのが、オシレーター系というものです。

このように、テクニカル分析にはトレンド系・オシレーター系の2種類に大別されるものではありますが、どちらを選ぶのが正解ということはありません。
ベストな取引は、状況に応じて2つの手法を活用していくことです。
どちらの取引にも得手・不得手はありますので、特徴を良く理解してそれぞれの手法を活用していきましょう。

よく似たページ: