値動きの転換期を予想する上では、「三角持ち合い」という状態を利用すると便利です。

この三角持ち合いとは、ある一定の時期から、高値が更新されず切り下がっていき、安値が更新されず切り上がっていくという状況を指します。
この高値と安値のラインを引くと、横に倒した三角形のように見えるので、このように呼ばれます。
三角持ち合いの状態は、言うなれば「停滞」を意味しています。
安値は下から押されて上がってはいくものの、高値で抑えられていますから、大きな動きにはなりにくいわけです。
上と下から押さえられた値動きは、結果として持ち合い、要するに均衡が保たれて停滞していくことを意味しています。

では、この三角持ち合いをどのようにして転換期に利用するのでしょうか?
それはこの均衡が崩れた(ブレイクした)時を狙うのです。
三角持ち合いは上にも下にも動かない停滞の相場を意味していますが、上からも下からも圧迫されているため、エネルギーが貯まっている状態だとも判断できます。
そのため、この均衡が崩れた時、大きなトレンド形成する可能性があると言えるのです。
例えば、三角持ち合いから上昇に値が動いた時、大きな上昇トレンドを形成する傾向があります。
そこで買いの注文をすれば、大きな利益が望めるわけです。
下落に動いたときは下降トレンドになる可能性があるため、このケースでは売りの注文で利益のチャンスがあります。
このように、三角持ち合いは退屈な状態ではありますが、次の大きなトレンドを呼ぶ予兆という意味合いもありますから、注視する必要があると考えられます。

よく似たページ: