項目 評価
手数料 ◎(小)
取り扱いペア △(小)
スワップポイント △(小)
システム・取引画面 ◎(良)
FX会社からの情報 ○(並)
モバイルツール ◎(有)
資産管理・安定性 ◎(良)

GMOクリック証券は、業界では最後発の1,000通貨単位取扱業者だったフォレックストレードを2011年に吸収して現在に至るのですが、残念ながら現在は未だに1,000通貨単位の取引を扱うに至っていません。
これは「初心者は少額単位の取引から」という当サイトの趣旨からすると、残念ながらお勧めすることができません。

ですが、GMOクリック証券は「使いやすい」ことで有名な業者です。
確かに、FXだけでなく、株式・先物・eワラント・外国債券などをひとつのIDで取引できることは使いやすいかもしれませんが、実は、もっと「使いやすい」コンテンツを用意しているのです。
それが「はっちゅう君FX+(プラス)」です。
パソコン限定の取引ツールではありますが、その使い勝手の良さは、業界でも評判になっています。
はっちゅう君FX+(プラス)は、いわゆる「ワンクリック」で注文できるツールなのですが、独自のウィンドウで注文パネルが開きますから、新規の取引・決済、どれもワンクリックでできてしまうのです。
直感的にチャートを認識するのにも適した画面構成になっていますので、初心者にも大変便利なツールだと言えます。

しかし、注文においては群を抜いて強いGMOクリック証券も泣き所はあります。
それは、スプレッドやサーバーが平凡だという点です。
スプレッドは0.3銭程度と安いものの、これよりも安い取扱業者は存在します。
ですから、はっちゅう君の扱いやすさを取るか、それともスプレッドの低い業者を取るかという問題になってくるわけです。
こればかりは、どちらが正解ということはありません。
まずは両方試してみて、自分のスタイルを確立してから決めるべきだと言えます。

よく似たページ: