ここでは、1,000通貨単位を扱っているFX取扱業者について、その特徴やメリット・デメリットを解説します。
FXを行うためには、FXを取り扱っている業者に口座を開設しなくてはなりません。
最近の業者の多くは、口座開設手数料が無料、かつ口座維持手数料が無料となっていますが、闇雲に口座を開設すればよいという訳ではありません。
その業者が、これから自分の行おうとする取引に適しているかどうかを見極める必要があるのです。

そう考えてみると、業者選びは通貨ペアに似ているところがあります。
どの通貨にも一長一短があり、正解はありません。
自分に最も合った方法で、利益と言うゴールにたどり着けばよいだけの話です。
業者選びも同様で、業者選び自体は目的ではありません。
ゴールは利益です。
利益を得るために、あなたに最適な業者を選ぶこと、それが大切です。

しかし、世の中には大中小様々な業者が存在します。
それはまさに玉石混合で、何を選べば良いかも分からなくなることがあります。
そこで、ここでは1,000通貨単位のような少額の取引を扱っているFX会社を選定してみました。
最適な業者選びの手助けになれば幸いです。

各FX企業の解説では、以下の項目を評価しています。
【手数料】
大(△)/中(○)/小(◎)で表現されます。
小であるほど手数料が少ないことを意味し、小は手数料ゼロの場合も含みます。
【取り扱いペア】
大(◎)/中(○)/小(△)で表現されます。
大であるほど取扱いペアが多いことを意味します。
【スワップポイント】
大(◎)/中(○)/小(△)で表現されます。
大であるほどスワップポイントが大きいことを意味します。
【システム・取引画面】
良(◎)/並(○)/低(△)で表現されます。
良であるほどシステム・画面が使いやすいことを意味します。
【FX会社からの情報】
良(◎)/並(○)/低(△)で表現されます。
良であるほど情報提供が多いことを意味します。
【モバイルツール】
有(◎)/無(△)で表現されます。
有となった企業はモバイルツールを提供していることを意味します。
【資産管理・安定性】
良(◎)/並(○)/低(△)で表現されます。
良であるほど企業における資産管理・安定性が高いことを意味します。

よく似たページ: